人気ブログランキング | 話題のタグを見る

講演料

製薬企業の売り上げ上位10社が昨年度、医師らを対象に開いた薬などに関する講演会は計約7万回で、講師の医師らに支払った謝金の総額は約110億円になることが、読売新聞の集計でわかった。

 年50回以上講演を行い、1000万円を超える謝金を受け取った医師も10人以上いた。

 国内の主要な製薬企業は昨年から、日本製薬工業協会の指針に基づき、医師・医療機関に提供した資金の情報を公開している。個人に支払った講師謝金などは今年初めて対象となった。

 各社が謝金を年200万円以上支払った医師はのべ226人。糖尿病や高血圧など生活習慣病分野が約4割と目立った。10社の医薬品売り上げは全体の約半分を占める。10月末までに公開した65社では講演会は16万回超、講師謝金は約236億円。


い、、一千万を超える、、
なんかすごい額の話になってますけど。

欧米にくらべたら大学教授の給料なんて
低賃金,重労働。

お前らもらい過ぎじゃないか
ってことは全然ない

「この薬いいよ〜買ってよ〜」
って講演して宣伝してお金もらえる医師
はほんの一握りで、、、

みんなが知りたくて使い易い薬、
生活習慣病とか抗がん剤とか
分子標的薬とかに
詳しくなっていれば今頃、、、


おお〜っと、お金なんて
死んだら持って行けねえんだから

講演で稼いだお金は後輩やいっしょに働く
看護師さんに還元

そろそろ医局長美食クラブをひらかねば。


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-11-05 00:28 | ひとり言 | Comments(0)
<< 410nm 救急外来 >>