拡大内視鏡が必要なわけ

なぜ食道癌の診断が興味深いのか

というとMM~SM1は10〜15%の転移

SM2は40%の転移

しかしEPLPMならほぼ0%

手術を薦めるか、内視鏡で治るのかを
詳しく術前に診断し、患者さんを
適切な治療に導けること

それとさらにはいいかげんな診断をして
実は浅かった、手術しなくてすんだ
というのをできれば回避したいということ。

さらには詳しく診断したおかげで
普通なら手術になってもおかしくない
病気を、手術せずに内視鏡だけで治ると
確信し、その内視鏡治療の結果がやっぱり
その通り浅くて

手術を回避できたときは、これ正直
めちゃめちゃ嬉しい。患者さんも大喜びだ


食道外科医なのにねえ。

これを詳しく知るには
拡大内視鏡が必須。

よって経鼻と拡大両方を
とことん突き詰めるべし

ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-11-27 00:29 | ひとり言 | Comments(0)
<< できるだけ長く 低濃度ヨードによる未来予想図 >>