できるだけ長く

食道癌術後再発または遠隔転移

抗がん剤をどう使うか?

1つ目に使うのをファーストライン
とよび、

通常2剤または3剤の薬を使う

3剤の方が強力だけども
副作用もそれだけきつい

ハイリスクハイリターン

しかしこの3剤やっても
効果が得られない、あるいは
一度効いたが、完全に癌が消えず
ぶり返して来た時の抗がん剤

これを「セカンドライン」
といい、その3剤で使わなかった
薬を使う

「セカンドライン」は「ファーストライン」
よりも期待が薄い、がしかし国が
その効能を認めて、保険が通っている
ものを使う。

現時点で分子標的薬で食道癌に
使える薬は無い

そのセカンドラインが効かなかったら
次に使う薬はどうするか?

正直,この辺のデータは
統一したものがなく。

1 番: 5FUシスプラチン

2番: ドセタキセル ネダプラチン

3番: パクリタキセル TS1 アドリアマイシン。。。。

3番までたどりついて、体力、気力が
残っていて、治療を希望している方

ここで2剤つかうのと
1剤使うの、どっちを選ぶ?

2剤のほうが効果あるかもしれない
けど、劇的に効くのは考えにくい
ので

「もう治療法がありません」

と言われる程、患者にとってつらい
ものはないから

1剤づつ小出しに使って行く


というのも一つの考え。


「食道癌を完全に征服する」

というより

「食道癌をうまく操縦しつつ、
大きくならないようにしながら
癌と共存する生き方」

そこにはずっと悲しみ、苦しみだけ
があるわけではなく

笑いもあれば、喜びもある。

水がのめる、というだけでも
「ああ、こんなに水が美味しいなんて」
という価値感もある。


出来るだけ長く

いい時間がすごせますように


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-11-28 00:49 | 抗がん剤治療 | Comments(0)
<< 食道胃接合部癌特集 拡大内視鏡が必要なわけ >>