音声外来

食道がんの術後、声がかすれることがある

これは反回神経という左右2本の神経のまわりに
リンパ節が転移しやすく

その神経を損傷しないようにリンパ節を取ってくる

左右の2本のうち右は短く左が長い

昔は「この神経を見たら麻痺する」

というくらい、デリケートなもので

しかし見ないことには、リンパ節とれないから、
いまは「まず神経に沿って剥離して、剥離かんしの背中でおさないように」

と神経を一本ずるっと剥離することが求められ


リンパ節をつかむと、神経がぴーんと伸びる。

伸びると麻痺するのだろうか、どこで麻痺するのか
わからないけど明らかに切った、というわけでもないのに
麻痺が起きる。

術後声がでない、と患者さんは、ああ声が出ない、この先どうなるんだろう


と不安に思い、医者にきくと「仕方ないですね」という

時間がたてば戻るだろう、といって

待てど暮らせど治らない、はて、、、


術後5年以上経過して、まだ声がもどらない、
昔はカラオケもうたってたけどいまは4秒で息切れする、

というかたがいらして

「先生、この新聞に声は手術で治るかもと聞いたんだけど」

と新聞をみせる。

おもわず、ハッとする。

う、、、そうだった、この先生に相談すればよかったかも、、

という先生が新聞にのってて

「時間が経ってあきらめていた方、もしかしたら声がよくなるかもしれないから
一度相談してみてください」とある。

おお、、、そうだ、、、その通り


いかんいかん、、、困った時は専門家に相談する、基本じゃないか。。。


というわけで声がいつまでもかす続け、治療から数年経ち、
音声をあきらめた方、

耳鼻科の「音声外来」をやってるところに相談してみましょう
[PR]
by kenzaburou41 | 2014-12-11 20:50 | 手術後のアフターケア | Comments(0)
<< 今年最後の勉強会 学生実習 >>