人気ブログランキング |

抵抗勢力

経鼻内視鏡への抵抗勢力は

「あの病院にいくと、鎮静剤で寝かせてくれてあっという間に
検査もおわるんじゃ、楽でいいんじゃ」

「毎回寝かせてもらってる」

っつ~意見で。

いやいや、寝ているなんてもったいない

経鼻内視鏡こそ、2時間まって3分診察といわれる
外来診療の延長で

医師と患者が互いに病気をみつめるいい機会なんですわ

会話ができる、苦痛が少ない、見ながら説明できる

これぞ、経鼻の真骨頂


咽喉頭観察はもとより、

食道の慢性アルコール性のざらつき食道には、酒の害を説き

逆流性食道炎の人には、今やってるみたいに左下にしたほうがいいんですよと
日頃の習慣を改善するように指導し

Hp陽性にはピロリ除菌すりゃあ胃癌がでにくくなりますよ
若いうちにやればお得ですよと説く。


患者指導するにはこの貴重な10分を
十分つかわずしてどうする


寝ているなんてもったいない
患者さんも自分の内臓をじかにみるチャンス

ああ、こうなってるんだ、、食道さん、いつも
酒と熱い辛いものを胃に届けてくれてありがとう

これからも酒と辛い物熱いものを食べ続ける、飲み続ける
けど、ごめんね すこしへらさなきゃだめかなあ

へらへら酒飲んで笑ってないで
すこしいたわりなさいよ、あなた食道を


寝てる場合じゃない 寝かせてる場合じゃない

指導、教育、さらにそれを人に伝えることで
経鼻内視鏡が主流の検査法になるっ~


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-12-18 00:15 | 経鼻内視鏡 | Comments(0)
<< いつから左下になったのか 米子講演 >>