人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ABCF検診

食道癌のブログながらも

「あんたね、うちは癌家系だからね
胃がん、大腸がん でてるからね
検査はしっかりうけなさい」

とこないだ家に帰った時に言われて。

胃がんのこともちょっと。

胃がんは毎年25万人が発症し、5万人が亡くなります。
(食道癌は2万人が発症し、1万人が亡くなる)

メジャーな疾患ですが、これが早期胃がんのうちに
みつかればなんてことはなくESDでなおっちゃいます。

でも検査にこない患者、症状があって病院に
くるとやはり食道癌と同じでいろいろ治療法が発達したとは
いえ、5万人が亡くなる。

胃がんで亡くなる人を減らすには住民検診を
徹底する必要があります。

バリウム検診は確かに胃がんの死亡率を減らしてきましたが
時代は変わりました。

医薬医療機器総合機構によると
バリウムによる消化管の穿孔性腹膜炎は3年間で200例
以上でています! 中にはごく稀ですが死亡例もあります。

検診のシステムを変えなければなりません。

バリウム検診の受診率は東京で5%
横浜で4%と極めて低くこれは検診として体をなしていません。


いまはABC検診といって血液で胃がんになりやすい
リスクを分類して、危ない人には積極的に検診をうける
ように進める自治体も増えてきています。

現在の検診は特定のひとがリピーターで何度も検査を
うけることがあります。ピロリ菌の検査もしないで
胃がんのリスクがないのにくりかえしバリウム検診を
うけているひともいる

ところが実はその人は酒をのむと赤くなり、
だんだん酒が飲めるようになった大酒飲みの中年男性。

あれ、食道癌のリスクの方でバリウム検診を
うけて胃がんはありませんでした、よかったですって

よくないんですね。

的外れの検診になってる可能性があるんです。

だから僕はABCにフラッシャーかどうかのFを
くわえて ABCF検診 をしたほうがいいって
行政にはたらきかけてるんですよ

3500万人のピロリ感染者の除菌を保険でできる
のは世界に誇れる日本の医療制度です

これをやりとげる意義は3つあります。

1つは 内視鏡を受ける人がふえ、胃がんの死亡者が減る
ということ、

1つはついでの咽頭癌や食道癌の患者が
みつかって、相乗効果で上部消化管の癌の死亡者がへる
ということ

1つは 除菌による発がん抑制により、将来的に胃がん
にかかるひとの減少で大幅に医療費がへり

食道癌や胃がんで苦しんで亡くなる患者が
減る

つらい抗がん剤を受けずに酒と飯をたらふく
80まで飲める世界が広がるわけです


おお〜っ 胃がんのことを勉強すると
食道がんのことも説得力出てきた感じじゃあ
あ〜りませんか!?

三菱東京UFJみたいな名前の〜あの〜

なんだっけあの検診?

ABCF検診です〜お見知り置きを〜



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2014-12-29 16:34 | 間違いだらけのがん検診 | Comments(0)
<< あけおめことよろ 救急医に経鼻内視鏡を >>