乳び胸

食道がんの術後合併症の乳び胸

過去の食道がん術後報告例では
死亡率も高いとされ

食道外科医にとっては、できれば避けたい
合併症

過去をひもとけば
術後早期に乳び胸と診断したら

即、人工呼吸器にのっけて陽圧呼吸とPEEPを
しっかりかけ、持続吸引+minoの癒着療法で
すぐ治った、という報告もある。

これにサンドスタチンやらエホチールやら
リンパ管造影やらを合わせてやれば
なんとかなるんでないかい?

胸管をしばりに行っても、うまくどこから
漏れるか同定できず、かえって乳び胸の
量が増えることもしばしば。

「先生は手術で止めると言ったのに、、
かえって増えるってどういうこと??」

手術は失敗したんじゃないか、、、

そういう不信感につながる。

でも、そういう経験は少なくなくて
胸管を縛ってもその壁からリンパ液が
じゅわ〜っと漏れ出せばまた排液が続く
ってことになり

決して外科医がヘマをした、という
ことではなく

出血よりもリンパ液が漏れる方が
治療が難しいんです

乳び胸を早くみつけて確実に止める方法を
確立できればかなりおおきな前進です。

いろいろ経験者から意見を
聞いて勉強しよっと。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-01-30 22:29 | 手術の合併症の話 | Comments(1)
Commented by 場末のivr医 at 2015-03-18 18:48 x
場末の放射線科IVR医です最近のトピックで乳ビきょうに対する塞栓術と言うものがあります
あまり一般的とは言えませんが、手術の前に一度tryするのもいいかもしれません
お近くの放射線科医に問い合わせて見ては?
<< しゃべくり内視鏡 未開の地 >>