人気ブログランキング |

転移のあった食道MM癌

7月の食道色素の主題が
「転移のあった食道MM癌」
なのですが。

MM癌は10%くらい転移があるよ

という評価。


この根拠となってきたのが第46回食道色素研究会アンケート調査。

当時21施設からアンケート回収。

m3の489例とsm1の260例を集めました。

その内訳、 外科 15施設 内科 6施設   


m3sm1 749例中 食道切除が416例、EMRが221例、ブラントが91例

おおっ、、手術VS EMRが 5:2  外科切除が主流だった時代の成績だったか。

あれから10年以上経過し。

ESDが主体の現在、この比率は大きく変化し、 

今や m3を最初から手術するのは 1割あるかどうか。

9:1がESDではないでしょうか。

とすると、 

LPMでちょっとMMにタッチくらいの転移心配ないMM

って症例が入ってきて

この転移率9.3%という数字は実は半分くらいに下がるのではないか?


というのがケン三郎の思惑で。


アンケート調査、外科にも内科にも声かけねば。。。。



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2015-03-07 00:47 | 食道色素研究会 | Comments(1)
Commented by 慎太郎 at 2015-03-07 20:41 x
軽〜くMMのリンパ節転移率は下がる一方で、思ったよりざっくりMM(sm1かどうか微妙)だったESDをした症例のリンパ節転移率はずっと上がるわけでしょうか?かっての転移率の分類が変わって行くのでしょうね。
<< サンプリング 陽子線後の手術 >>