合併症を0に

外科合併症カンファレンス

毎週、合併症が起きた症例を検討し
なぜ問題が起きたか、その対応は?

などを検討する会。

食道癌の手術は特にいろいろ問題がおきる

起きるけど起きるのは想定内で

稀に想定外のことが起きる

他の病院ではこれ手術は難しんじゃない??

という病気

たとえばサルベージ手術

ケモラジ後に再燃しました、もう手術しかありません

という状況で


合併症が起きる可能性も高いけど、ここで
外科医が頑張れば、元気になる可能性も残されている

しかし、合併症がおきればそれが死に至ることもあり

結果だけをみてマスコミにたたかれ
「どうしてこんな危ない治療をしたのか」

と責められるとなれば

ああ、リスクが高いですし、
手術できません、残念ですが治る手立てはありません

サルベージ手術はよそへ行って下さい

という外科医が増えてしまう

助かるかどうかの瀬戸際にいる患者さんにとっては
外科医が頑張るかどうかにかかっていて

あまりに報道が手術=悪
と偏ってしまうのもどうか。。


厳しいご時世だけど

全国の食道外科医のみなさん

熱いハートでがんばろう、


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2015-03-25 22:59 | 手術の合併症の話 | Comments(0)
<< 除菌 取り扱い規約 >>