人気ブログランキング | 話題のタグを見る

飲めるようになる理由

アルコールがアセトアルデヒドに分解され
これを酢酸にかえるのがALDH2で

人によってその酵素活性が異なる。

ホモ欠損=酵素活性0

ヘテロ欠損=酵素活性16分の1

1合のお酒で
血中アセトアルデヒド濃度は
ヘテロ欠損型で6倍、
ホモ欠損型で19倍にあがる。

ホモ欠損者は、フラッシング反応が強力で
ほとんど酒が飲めませんが

問題はヘテロ欠損で、ちょっとはのめちゃう。

北海道と東北の一部、沖縄で欠損者の
頻度がやや低いものの、日本人の40%のかたが
ヘテロ欠損者と言われる。

食道癌患者の7割はヘテロ欠損者と言われる。

ではなぜ飲めない人が飲むようになるのか?


ほとんどの方が
職場の付き合い、仲間との付き合いで
鍛えられて飲めるようになり、、、

という経緯で病を生じる。


酒呑みから言わせると、
「酒のない人生なんて」

人それぞれ、酒との付き合い方があり

でも、何も知らずに鍛えられるよりは
知っておいた方がよいわけで。

部活の先輩、会社の上司

上に立つものとして、社員を守り
健康増進にご協力を。

新年会シーズン、
ここが情報を広めるチャンスです


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2016-01-11 23:42 | 食道癌になりやすい人 | Comments(0)
<< 追加治療を希望しない 同情するなら >>