人気ブログランキング |

食道sm癌の治療

食道SM癌に対する内視鏡治療は,138例(T1b-SM1:57例,T1b-SM2:81例)に行い,うち23例(16.7%)に追加治療として手術を行った.手術時にリンパ節転移を認めたのは6例(26.1%)であった.追加治療を希望せず,経過観察したのが106 例,化学放射線治療を行ったのが8例,化学療法を行ったのが1例(食道温存群:115例)であった.食道温存群のリンパ節転移は12例,10.4%(sm1:5例,sm2:7例)に生じた.長期予後は,原病死6例,他病死9例,他癌死8例であった.



内視鏡治療したあとに手術したほうがいいでしょうといってもともと転移がなかったように
みえたのに転移があったのが4人に1人

=この方たちは手術してよかったですね。早いうちに治療できて。。

食道をきらずに治そうとしたかたの10人に1人に転移が生じ
そのうち半分のかたが食道癌でなくなった。
最終的には115人中23人(20%)が死亡、癌で亡くなった方が5.2%


cN0食道sm癌。

いずれは

Ch+手術 VS Ch+RT VS Ch+ESD

この3つでランダム試験??



ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2016-01-17 13:22 | 内視鏡治療 | Comments(1)
Commented at 2016-01-17 21:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 舌根部表在癌の経鼻内視鏡治療 追加治療を希望しない >>