人気ブログランキング |

支持療法支援

抗がん剤治療による吐き気、口内炎、食欲低下、
便秘、下痢といった様々な諸問題に苦しむ患者さんは
多いものの、それをサポートする治療法の開発やその
普及がまだまだ足りないとされ、

国をあげて、このサポート支援を行うという
政策になるらしく。

「食事メニューの工夫」がその一つ。

吐き気のときは、量を控えて回数を増やす、
口当たりよくさっぱりめのもの。
臭いの少ないものにする。

口内炎のときは食べ物がしみて噛みにくくなるので
薄味で、辛いものをさけ、極端に熱いもの、冷たいものを
控える

便秘、下痢のときは水分を補給し、腸の動きを整える
乳酸菌食品、食物繊維を多めに

味覚障害のある場合は、たれや味付けを幾種類か用意して
好みに合う味を選べるように工夫する。

そのほか、「悩み相談」「不安除去」に出来ることをする。


人の悩み、は人それぞれで

人生観も違うだろうし

成功をおさめ、お金にも困らない、スーパースターにだって
悩みはあるだろうし

癌患者に限らず
「え?そんな悩みかかえてたんか?」
っていうしょうもない悩みもある

ちょっと人にいえないんですけどね。。。

悩みを打ち明け対決!

こんな悩みなんです、きいてくれます?

いやいやうちの方が悩んでる

いやそんなの悩みに入らない、うちだって〜

お互いに悩みを抱えてる同士のほうが相談相手はいいんじゃないか

健康で仕事もうまくいき、悩みなく、
圧倒的に優位にたってるひとに
「お辛いんですね」
っていわれてもなあ、

しらけないか?


ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2016-01-21 23:22 | 抗がん剤治療 | Comments(0)
<< がん対策加速化プランに物申す! 1月早期胃癌研究会 >>