人気ブログランキング |

経鼻内視鏡による胃検診

中国に今度いくことになって
経鼻内視鏡を広めにいくんですが

今回のテーマは胃癌をどうみつけるか

ってことでここ数日、胃癌検診のお勉強

ルーチン撮影法について
多摩がん方式、国がん方式をそれぞれ
違う施設の勉強

ふ〜む、いろいろお作法があるもんだなあ

と今になって感心し

かつ、自分の写真の撮り方を
振り返ってみると

咽頭〜食道はかなり丁寧にみてるけども

胃に入った途端に雑になってる感じがして

お、これはいかんな、発表で使える写真が
あんまとれてない。。。

行きもらせん、帰りもらせん状にみていくか。

あるいは前庭部から見下ろしで引き抜き
つつ、FORNIXでUターン、Jターンして
小わんを見下ろしつつみていくか

日本人講師は二人いて、二人のやり方、教え方が
違うと中国の先生もとまどうだろうし

いっちょやり方を変えて撮影してみますか。

日々 いいものは取り入れて、次に伝えるのが
これ医学の発展

締め切りまであと3日〜

ぽちっとな
by kenzaburou41 | 2016-02-29 23:56 | 講演録 | Comments(0)
<< 遠方より患者来る 初めて内視鏡 >>