光学診療部副部長

4月の人事で 「光学診療部副部長」なるポストに就任

なんすかそのポスト?

部長を支える重要なお仕事

え、、もしかして

大学病院に夢の「経鼻内視鏡センター」?発足の第一段階??

うーん、いいところに気がついたね

全国の大学病院にどこをみても、そんなセンターないんだよね〜

大学病院って拡大内視鏡とか、超音波内視鏡とか
ほかの病院で癌と診断がついてから、紹介されるんで

口から太いカメラを入れるのが当たり前
と思っている医師がほとんどで

「経鼻内視鏡」を生業とする医者がほと〜んどいないっ。

残念ながら、食道癌の専門医ですら
食道癌、頭頸部癌患者に経鼻内視鏡が必須だ

と思ってる医者も大学病院には少ないっつ

これをそうじゃねえっす

大学病院にこそ、経鼻内視鏡が必要っ

これを長年訴えてまいりまして

すこしづつですが種が芽をだし、成長し。

ようやく、副部長っ。


いつかは、この大地に

「経鼻内視鏡センター」を作り

全世界に経鼻内視鏡を普及させるっ

一つのモチベーションですわ〜

それをやりとげるには
まずは身内の食道がん患者さんの協力が大事で

ぜひ院内においてある、投書箱に

「世界に通用する、ケン三郎先生の経鼻内視鏡センターを作ってください」

とお書きくださいっ







[PR]
by kenzaburou41 | 2017-04-21 22:13 | ひとり言 | Comments(0)
<< 外科学会始まる 全周性食道表在癌 >>