全周ESD

全周性の食道表在癌は

食道表在癌のなかで一定数の割合で生じ、ケン三郎の施設では6.3%の比率

これに対して5cmを超える表層拡大型食道癌は10.7%の比率。

「全周」の病変をどう扱うかは専門性が高い所で治療を受けるのがよく。

治療法としてなにを選ぶかも大きくて。

そのためには深達度診断をきっちりやんねばなんね~。


食道癌の患者さんの約4割に頭頸部癌が同時性、異時性に生じるだけあって
のどもまずみなきゃいかんので経鼻内視鏡で入り

全体を広くみわたし、この辺が深そうだというところに
あたりをつけておく

胃、十二指腸をみて

一回スコープ抜いて、拡大内視鏡に入れ替え

拡大観察で深そうなところと浅そうな所をじっくりみる

ドット状、イクラ状、ドーナツ状のAVA

これ以外の 変な血管があるとこ、血管の見えないとこ
をチェックし

そこにEUSでプローベをあてて


さあ、最終診断。

MかSMか

SMでしょう

SM1かSM2か

うーんSM1でしょう


ESD全周とります? それともケモラジ? 最初からオペ?


2者択一ならまだしも

3つから1つ選ぶとなると、、、、


う~ん、専門家に送って頂戴っ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-08 18:37 | 内視鏡治療 | Comments(0)
<< 事件です カメラで見えるメリット >>