人気ブログランキング |

ミスターバルサルバ

こないだの学会、サテライトで講演してきたんですわ

さすがにもうなんども講演したんで

もうそろそろ、飽きられて講演にもお呼ばれされなくなるだろうので

路線を外科医に戻そうと思ってたところ。

20分の持ち時間を無事終了。

座長のえらーい先生から

「ケン三郎先生といえば、ミスターバルサルバですよね
食道癌ハイリスク患者さんの経過観察法を大きく変えましたよ」

的なお褒めの言葉をいただきました。

一方でバルサマウスを使った拡大内視鏡+経口で
バルサルバやってる先生が、9割ちかく喉頭よく持ち上がって
見えましたと発表があり

す、、、すごい執念っ

確かに食道にはいっちゃうと
拡大内視鏡のほうがその場で精密な診断できるしなあ

どっちとるか悩ましいとこ

でもきっとそのうちすこ〜し拡大できる経鼻がでてきて
2020年には大きく経口内視鏡が衰退

いまは「口からだけでなく鼻からもできるんです」だけど

あと何年か後には「口から希望のかたは口からもできます」の時代に。

地域によって、鼻からできますよ、と勧めても
患者さんが鎮静して口からを希望する地域もあるというし

常識、というのはなかなか
変えるのが難しい

でも。

一人づつ仲間を増やして
経鼻内視鏡を全国津々浦々にひろめたいっ。







by kenzaburou41 | 2017-05-14 21:03 | ELPSでのどを守る | Comments(0)
<< 第一回東京内視鏡学術セミナー 吻合部狭窄の治療 >>