高齢者に手術

高齢者だから手術無理だろう、
ってことはなくって

食道癌が進行してせまくなって食べられない

ここからケモラジをやって

完全によくなって食べられるようになる、までかなり時間が
かかり

しかも完全奏効にいたるか予想がつかない

だったら手術を頑張ってやって
ものの6~7時間で開胸開腹で手術して

あとは肺炎に注意

低肺機能だったら気管開窓をおいていつでも人工呼吸器
につなげるようにしておいて


最新の注意を払って術後管理していけば。。。

ケモラジが効かなくてサルベージ手術にまわるよりは
よっぽどマシ。


ですけど、高齢者、いろんな意見があったり

素人判断で、[手術はきっとあぶない、危険だ」
という都市伝説があったりで


なるべく不安を和らげてあげられるように

腕を、チーム力を、何か起きたときの瞬時の対応力を 磨くべし


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-16 20:37 | 手術と放射線どっちを選ぶ? | Comments(0)
<< 第18回頭頸部表在癌研究会 セミナー講師依頼 >>