食道内分泌細胞がん(小細胞)

こないだの早期食道癌診断勉強会では

ほぼMMの内分泌細胞癌(大細胞型)がでて。

めっずらし〜

これまで胃と腸での報告例では、TYPE Rを示し、乳頭血管が破壊されもやもやだったけど

今回の症例は基底層のしたに腫瘍包巣をつくって、上皮下血管網がしたからおしあげられ
一見B3,B2みたいな像に。

これは腫瘍血管なのか、そうでないのか、なる議論。

腫瘍を栄養してるから腫瘍血管、だけど
もともとあった血管が押し上げられてるから腫瘍血管じゃない?

ん?

わ、、っかりにくい。

細分化しようとすると、ついていけなくなる

玄人にもわからん、ではまずい。


食道の内分泌癌のほとんどは小細胞癌で

進行して見つかると、手術してもあっという間に亡くなるとされ

1年生存50%

2年生存15%

と極めて予後不良。

長期生存が得られているのは粘膜下層癌でリンパ節転移のない
という比較的早期にみつかったもの

抗がん剤や放射線に緩和ケア、予後が悪いという
現実を目の前にした精神的なケアを早めから
組み立てる必要

幸いながら化学療法で小さくなってESDした方。

目に見える癌はないけど、そう簡単には治らないので

追加の抗がん剤を加えてまずは1年生存を目指す。

それができたら次の1年を目指す。

そして5年が過ぎていれば。。


















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-22 22:25 | 早期食道癌診断勉強会 | Comments(0)
<< 頸部食道の生検 治験 >>