経鼻に目を合わせる

先生は全部経鼻ですか?

という質問。

ええ、もちろん全部経鼻です。

もともと530N2だったんですね、私が始めた頃は。

120度で丸い経鼻でFICEしかなくて

それは見えない内視鏡だったんです

でもその見えない内視鏡に目が慣れると

すげえ探そうとして見ようとするんです

半年もすれば、高画質の口から内視鏡入れてた時代
なんか忘れちゃうんです

で、その見えない内視鏡に慣れた時点で、最新の経鼻、LCI BLIが
ついた内視鏡手にしたらこれがまた見える見える。よく見える。

え〜よく見えるねえと。

毎日高級フランス料理食べてたら美味しいものくっててもわからなくなるけど

毎日コンビニ弁当ですまして慣れてたら時々食べる高級料理はそうとう
うまく感じるわけで

まあコンビニ弁当も最近は相当レベル高いんですけど

お金かけなくても、診断能が下がらない、そして患者さんも医者も困らない

みながハッピー

これが理想の「経鼻内視鏡学」
でございます。


高画質経口内視鏡を捨て

いったん「経鼻でスクリーニングするのが当たり前」
でやってみませんか?
















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-05-25 23:13 | ひとり言 | Comments(1)
Commented by えびす at 2017-05-27 08:07 x
いつも勉強させて頂いております。先日、経鼻内視鏡施行後に結構な鼻出血がございました。圧迫止血で止まって帰宅され、2日後に再出血したため耳鼻科受診して頂きました。診察やX線診断の結果は、両側副鼻腔炎による出血で内視鏡との因果関係なしとのことでした。止血処置を不要で治療は抗生剤でした。先生は、鼻出血を起こさない手技の工夫や、もしご経験がございましたら副鼻腔炎からの出血の可能性についてご教授頂けたら幸いです。
<< intervention EUS 頸部食道の生検 >>