S1+パクリタキセル

食道癌のことならなんでもやるという施設は
全国どこにいっても数少ないんですが。

うちは頭頸部の診断、内視鏡治療

食道癌の内視鏡診断、治療

食道癌の鏡視下手術

切除不能例へのバイパス手術+ケモラジ

術後の化学療法

再発治療もすべてやってる施設で

そのうちから、抗がん剤のサードライン S1+PTXの成績が
でまして。

5FU CDDP

DTX ネダプラチン

が効かなくなって

もういい治療はないですよ,
といわれた患者さんへの

[あきらめないサードライン」

全く治療しなかった方が約2ヶ月ちょっとで亡くなったのに対し、

治療した方のオーバーオールサバイバル、約10ヶ月。


おおっ、、やった方が半年以上長生きできるのか、、、

ということで。

やらないよりはやったほうが良さそうな抗がん剤治療

ある程度、体力がないとできない治療ですが

うけるメリットはありそうです。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-03 13:24 | 抗がん剤治療 | Comments(0)
<< 日本ヘルニア学会 応用問題 >>