悩ましいステージ1

今度頭頸部癌学会と食道学会で重複癌の話をするんですわ

下咽頭と食道癌が同時に重複したときどうしますか?

最近、下咽頭がんはもともと明らかな転移がなく表在癌であれば
声を失わずにすむ、ということが認知され。

「それでも癌を治すためには声をとる必要がある」という施設もあるし

いやいや、なんとか局所はELPSで削って
リンパ節は郭清して、最後に照射をとっておきましょう

なんて作戦もありで

これにステージ0の食道癌が絡むときは9割以上内視鏡で対応できる。

ステージ2,3だったらこれは食道癌のほうを優先すべきで
食道癌の治療ガイドラインに沿って最善と思われる治療を進める、

手術が嫌ならケモラジをするけど、主に手術中心で作戦を立てる。

Ⅳ期は化学療法または、ケモラジ主体であわよくばそこに
バイパス手術やサルベージ手術を絡める

問題はステージⅠ
ここがもっとも難しい選択。

下咽頭がうんと進んでいたら、ESDだけっつうのも有りかもしれないし

いやいや、手術でしょう、ケモラジでしょう
ってのも有り

下咽頭にケモがうんと効いて小さくなってELPSできて
食道ESDしたらsm2

う~ん、、下咽頭治るんだよね、

じゃあオペかなあ、オペでしょうやっぱり。

これで咽頭も食道もラジを取っておける。

ってことを考えつつ、、、

来週の食道学会でお勉強っ。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-05 19:30 | 他臓器重複癌 | Comments(0)
<< 免疫チェックポイント阻害剤 日本ヘルニア学会 >>