経口的切除、喉頭温存

頭頸部癌学会に参加してきまして

食道癌患者さんには咽頭癌がよくみつかる

だから我々耳鼻科医は食道癌を扱う消化器外科の先生と
連携して耳鼻科領域の診察をする

また耳鼻科の内視鏡では見つからないごく早期の
ものもあるので消化器内科とも連携する

そういう発表が聞かれるようになり

うれしい限りです

全国に少しづつ、ELPSやTOVSが広まって

「内視鏡治療の適応は」

って言ってる消化器屋さんがびっくりするほど、積極的に
頭頸部外科医はチャレンジしてまして

世の流れか、だってこれで治ってんだもん、いいじゃないか。

そうです、食道癌と違い、3領域も郭清しないし

1領域郭清です

照射も効きます

予防的な手術しなくても、転移が判ってからの治療でも間に合います

そういう環境だから、

リンパ節転移があっても局所がちいさいのはELPSで取ってます

っていうのもなんだかありのような風潮で。

いやいやこの業界の目覚ましい進歩を目の当たりにして

そのど真ん中にいることが嬉しいのです

今日はローマに出発して、日本の頭頸部領域へのELPS,ESD、経鼻内視鏡診断を20分
しゃべってまいります〜

がんばっぺ














[PR]
by kenzaburou41 | 2017-06-10 06:34 | ELPSでのどを守る | Comments(0)
<< 71回食道学会開幕 免疫チェックポイント阻害剤 >>