AI

国立がん研究センター(国がん、中釜斉理事長)と日本電気(NEC)は、大腸がんや前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムに発見する、人工知能(AI)を用いた内視鏡診断サポートシステムの開発に成功した。今後、肉眼での認識が困難な症例をAIに学習させてシステムの精度を向上させ、日本だけでなく、世界市場での実用化を目指す。

 大腸腫瘍性ポリープは、大腸がんの前がん病変であるため、内視鏡検査時に見つけ出し、摘除することにより大腸がんへの進行を抑制する。しかし、ポリープは内視鏡医が肉眼で見つけるため、サイズが小さかったりして形状が認識しにくい場合などは、見逃されることがある。

 このシステムは、大腸の内視鏡検査時に撮影される画像で、大腸がんや前がん病変をリアルタイムで自動検知し、内視鏡医の病変発見をサポートする。国がん中央病院内視鏡科による所見が付けられた約5000例の内視鏡画像をNECのAI技術に学習させ、新たな内視鏡画像を解析したところ、がん発見率は98%だった。


内視鏡に来てもらわなきゃはじまんないけど

内視鏡受けに来たら・・・

AIが診断してくれるっつー有り難い話。



そのうち、歩いてるだけで食道がんがありそうな
人を識別できるっていう装置の開発も夢じゃない

まずは馬券売り場で、、、、

ぽちっとな




[PR]
by kenzaburou41 | 2017-07-10 17:49 | 診断の達人たち | Comments(0)
<< 市中病院における頭頸部表在癌の... Zenker憩室 >>