重点セミナー10月 原稿その1

咽頭は,上咽頭,中咽頭,下咽頭の3領域に分けられ,各部位は「頭頸部癌取り扱い規約により以下のように定められている。上咽頭は硬口蓋と軟口蓋の接合部の高さから,頭蓋底まで,中咽頭は硬口蓋と軟口蓋の移行部から舌根上縁(または喉頭蓋谷底部)の高さまで,下咽頭は舌根上縁(または喉頭蓋谷底部)から輪状後部下縁の高さまでをいう。   
上咽頭はさらに後上壁,側壁,下壁の3つに,中咽頭は上壁,側壁,前壁,後壁の4つ,下咽頭は梨状陥凹,後壁,輪状後部の3つに,喉頭は声門上・声門・声門下の3つに亜分類される。

日本頭頸部癌学会による頭頸部悪性腫瘍全国登録(甲状腺癌を除く)の2014年の集計では全国158施設からの9524例の年間新患症例のうち,下咽頭癌は1902例(男性が92.2%),中咽頭癌は1569例(男性が82.5%),上咽頭癌は282例と報告され,下咽頭癌は口腔癌2505例,喉頭癌2029例(男性が93.5%)に次いで3番目に多い.亜部位別では,下咽頭:梨状陥凹1352例(71.1%),後壁301例(15.8%),輪状後部148例(7.8%),不明101例(5.3%)と梨状陥凹が好発部位である.中咽頭癌は側壁が879例(56%)と半数以上を占め,次いで前壁365例(23.3%),上壁142例(9%),後壁110例(7%)と続く.喉頭癌は声門が1416例(69.8%),声門上が509例(25.1%),声門下57例(2.8%)で声門癌が多い.


調べて見れば、咽頭がん、喉頭癌は男性の病気

子宮や卵巣、乳がんが女性特有の病気とすると
前立腺と咽喉頭がそれにあたる


10月の内視鏡学会重点セミナーの講師 大役ですわ

教科書を書き換えるつもりでのぞむんですわ


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-07-31 19:20 | 講演録 | Comments(0)
<< 論文を書く 師匠の講演 >>