もとに戻らない

手術を受けるともとの体にはもどりませんが

放射線治療も[食道は温存されている」とはいえ
その後に生じる晩期毒性も結構なものがございます。

半年以降の晩期の有害事象は
放射線を当てた部分の毛細血管がダメージをうけ、局所の
血流量が低下し、しだいに組織が線維化(硬くなる)ので

もとにもどらず、永遠に硬くなったまま
という状況になります。

のどに放射線が当たった場合は
のどが硬くなるので

飲み込みにくい

唾液がでずに口腔が乾燥する(水を常時持ち歩かないと不快)

食道に放射線があたった場合は

肺が硬くなる=肺線維症から急性増悪、肺炎の悪化

心臓の周りに水が溜まる、動きが悪くなる、突然心臓が止まる

食道が硬くなり狭くなってものが通らなくなる

などの問題がある一定数で起こりえます


さらには放射線治療を選んだ方の半分が再発する、といわれておりますので

放射線を選んだ方は手術を受けた方よりも念入りにチェック
していく必要があります。

そうはいっても,全く元気にされている方
ゴルフにいったりテニスにいったり、
ももクロのコンサートにでかけたり、
もおりますので、みんながみんなそうなる訳では
ありません

手術 VS 放射線

ステージⅡ、Ⅲでは抗がん剤+手術が標準治療で
手術が嫌な方は放射線ですが

放射線が効かないときの手術は結構大変な負担になります。

治療法を選ぶ場合はそのメリットとデメリット

うまくいかなかったときにどうするか

再発したとき手術をするのか、しないのか

その辺まで含めてよく考えておく必要があります。


ぽちっとな
[PR]
by kenzaburou41 | 2017-08-21 18:52 | 放射線治療 | Comments(1)
Commented at 2017-08-21 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 告知 咽喉食摘後の嚥下リハビリ >>