バレット食道癌の見つけ方

正直、自分で見つけたことは皆無のバレット食道癌。

見つけた> よりたまたま生検したら癌が出ちゃった>癌専門施設に送る>バレット食道癌の特徴がまとまる>
それでもわずか40例。 当院でもわずか60例しか経験がない。

なので大きなことは言えませんけど

今日のウェブ講座で

初期像は
「テント状のSSBEにできるもの」
「噴門部びらん」
「ポリープ状隆起」のおよそ3つに分けられるとのこと。

ほんまかいな

確かに舌状の伸び出したSSBEにびらん、白い付着物がついて、周りより赤い
かつ、逆流性食道炎のような毛羽立ち発赤がない
っつーと、これ危ないかなもし。と思うけども。

「噴門びらん」は見たことないかなあ、、

「ポリープ状隆起」は時々経験する

全例が不思議とSSBE2時方向に癌ができる。

けども、毎回、NBI拡大内視鏡で酢酸使ってあの領域だけを観察するか
っていうと。。。

頻度のわりにはかける手間が大きすぎて
多分みんなやってないんじゃなかろうか

男性がなりやすい くらいでバレット食道癌の
リスクもそう分かってるわけでもなし

やっぱり酢酸+インジゴ混合液をしっかり用意せねばならんかの。

自分が見つけられる、遭遇する癌は圧倒的に下咽頭癌の方がバレット腺癌よりも
多いものだから

もしかしたら見落としてるかも

今日の講演を参考にして明日の診療に役立てるんですわ

ところでバレット食道癌が
2時方向に多い理由、右下に横に寝ると2時方向を伝って
食道に胃酸や胆汁酸が逆流する

バレット食道癌の予防に一番は「食べてすぐ右下にして寝ないこと」
















[PR]
by kenzaburou41 | 2017-09-27 22:29 | バレット食道 | Comments(0)
<< 光線力学療法の適応 食事がつかえる >>