ESD-PDT VS PDT

PDTは食道癌の放射線治療後の局所遺残、あるいは再燃の治療というけれど

筋層に深く入っているのは適応外だそうで。

そこまで行ってると、効果に乏しいのだろうか

だったら表面からできるだけ削ってPDTした方が効果が上がるんでないかい?

と思って、

PDT VS ESD-PDTっつう前向き試験もあるんでないかい?

そこまでしなくても、、、っていう場合はサルベージ手術。

手術=悪いではないわけで。

こんなことなら最初から手術受けとけばよかった、、

というかたも少なくありません。

しかし、いろんな事情で手術が選択できない場合の選択肢は
あった方が有難いっ。 










[PR]
by kenzaburou41 | 2017-09-29 23:09 | 新しい治療法 | Comments(0)
<< 専門医 がんサポート質問集〜今のトレン... >>