人気ブログランキング |

頭頸部癌化学放射線治療の急性・晩期毒性

多くの頭頸部がん患者さんは濃厚な喫煙歴飲酒歴があり
口腔衛生管理がよろしくなく
もともとう歯や歯周病、歯の欠損など
その状態でがんの治療をすると、その状態が悪化する事がある。

唾液は1日1~1.5L分泌されるがこれのおかげで口の中をきれいに保ったり
粘膜を保護したり、唾液で飲み込みをスムーズにしたりという役割がある

がしかし抗がん剤投与>唾液細胞の障害による唾液分泌低下

放射線治療をおこなうことでほぼすべての症例に口腔内が乾燥、
とくに耳下腺に照射することで機能低下がおきるとされる。

照射がおわって2年たっても7割のかたは口が渇くのを訴えるともいわれる。

唾液がでないと虫歯ができやすく、歯周病、口腔内の感染>>生活の質の低下が
おきるので、歯科と連携して口腔ケアを必要とする。

頭頸部癌の放射線治療後の7割の方に味覚異常がおきるとされ
酸味、苦みにたいする刺激、味覚消失がおき、生活の質の低下が生じる

放射線やって1年くらいで生活に支障がないくらいに回復されるとするが
年単位でいつまでたっても回復しないものもあるとか。

放射線治療はそれなりに効果もあるし、声を温存できるとはいうものの

長期的な問題もあり、やっぱり早期発見がなにより大事で

明日は講演でそのへんのことをお話しようっと。






by kenzaburou41 | 2018-02-01 19:03 | 放射線治療 | Comments(0)
<< 第7回昌平坂Radiology ESD後の局所再発 >>