人気ブログランキング |

第19回頭頸部表在癌研究会 

ついに7月7日の頭頸部表在癌研究会の募集が始まったんですわ。


頭頸部表在癌研究会 会員各位

会告      第19回頭頸部表在癌研究会(201877日開催)演題募集

主題 「頭頸部表在癌 経口的手術の適応と限界」

頭頸部表在癌は癌の浸潤が上皮下層にとどまり、固有筋層に及ばないもの,リンパ節転移の有無を問わないと定義されている。食道表在癌においては深達度によってリンパ節転移頻度が異なるため,T1a-EP/LPM癌は内視鏡治療の絶対的適応,T1a-MM,SM1は相対的適応,SM2は研究的適応と定義されるが,頭頸部表在癌においては経口的手術,内視鏡治療の適応は厳密に定まっていない。今回は「治療適応は?またその限界は?」について検討したい。大きさはどこまで可能か,腫瘍の厚みはどこまで可能か,一度に何か所まで切除可能か,治療困難部位はどこか,同時多発例への二期分割治療はどうか,異時多発癌に何回まで治療可能か,切除は出来たが,合併症や後遺症に難渋した症例・最終的には喉頭摘出となった症例,N+症例への適応はどうか,どのような症例は放射線治療に回すのか, など様々な切り口から各施設でどのような基準で治療適応としているか,あるいは病変によって治療手技を使い分けているのか等,経口的手術および内視鏡治療の治療適応と限界について演題を募集します。なお,原病への放射線照射後のサルベージ症例は今回の検討からは外して頂きます。症例報告を含め,多くの施設からの応募をお待ちしております。

演題募集要項:演題名,所属,演者名,抄録(800字以内)を記載したword fileを添付し下記演題申し込み先にメールにてご送付下さい。

演題募集締め切り日:2018525日(金)

演題申し込み先:東京医科歯科大学 消化管外科 川田研郎

         113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

Tel 03-5803-5254 FAX 03-3817-4126

kawada.srg1@tmd.ac.jp

           (srgのあとは,数字の1です)



ぽちっとな


by kenzaburou41 | 2018-03-29 19:30 | 頭頸部表在癌研究会 | Comments(0)
<< 術後透視 ダンピング症候群 >>