咽頭内視鏡

食道の事を咽頭に置き換えて見ますと。

「通常観察」「拡大観察」「EUS」「食道造影」

これらを十分に施行するのは咽頭では困難。

そもそも咽頭表在癌

食道と違って粘膜筋板がないものですから

深達度はEPとSEPしかなく

食道でいうと m1 VS m2〜sm3

を言い当てる。

極めて簡単でございます。

なので

m1とm2の違いが難しこそすれ

EPかSEPかを厳密に診断する必要があるか?

というと

方針が変わらないので、その必要は全くなく

食道で用いてきた診断法、「通常」「NBI」「拡大」
がそのまま咽頭に用いられるか
というとそうでもない

「咽頭には死角がある」のをわかってて経口内視鏡のみで十分観察できるか?

答えはノ〜でございまして

咽頭においては「咽頭を十分伸展した画像」が必要になります。

しかも病気の厚みが転移に関わるわけですから

食道でやるように、空気を抜いたり 十分伸展して写真をとる作業

なしに診断でできるか、

昨日の講演を聞いてて、
「ああ咽頭観察はこれでいいんだ」と食道を専門としていない先生方は思います。

「いやいやこれだと不十分なんです、咽頭は観察法を変えなくてはいけません」

全体を広く見渡す、厚みを図るにはValsalva法が必須ですと。





[PR]
by kenzaburou41 | 2018-05-13 22:34 | 学会奮闘記 | Comments(0)
<< 反回神経刺激装置 食道内視鏡 >>