食道癌診断治療ガイドライン

患者さんが自分の治療法について詳しく知りたい

という場合

「手術を受けたらひどい合併症で苦しんだ」

「抗がん剤を受けてひどく苦しんだ肉親がいる」

「放射線がいいと思って受けたらしんどかった」

など色々な負の情報を仕入れては、ああでもないこうでもないと悩む

いっそ何もしない方がいいんじゃなかろうか

そう思う場合もあります。

世の中には「診断治療ガイドライン」
なるものがあり

その時代時代で
こうした方がいいでしょう

という治療選択は違いますが

概ね今の時代にコンセンサスを得ている治療法を知りたければ

三千円くらい出して

この本を買って読むといいでしょう。

全てこの方針通りにやらねばならない
ということではなく

いろんな事情でガイドライン通りの治療をお勧めできない状況もありますし

「いやもう私は素人だし、先生にお任せしています」

でも良いと思います。








[PR]
by kenzaburou41 | 2018-05-28 22:21 | 食道癌診断治療ガイドライン | Comments(0)
<< がん治療認定医 締切延びる! >>