バレット食道気にしない

バレット食道と診断されたとのことでお便り有り難うございます。

日本人の5人に1人すくなからずバレット食道があります。

でも日常診療でバレット食道癌、そんなにみないので、

発生母地ではあるけど、だからといって心配しすぎることはないとおもいます。

まして35歳、内視鏡検査受けない人がほとんどですし

将来がんになる、と悲観するのもどうかとおもいます。

きにしないきにしない

ひとやすみひとやすみ。




[PR]
by kenzaburou41 | 2018-09-28 17:15 | バレット食道 | Comments(2)
Commented by 21歳 男 at 2018-10-14 05:55 x
はじめまして。

3ヶ月ほど前から非びらん性逆流性食道炎の治療を行っているものです。胃カメラの結果、胃と食道の入り口が若干ただれているということで、逆流性食道炎の中でもナードですねと言われました。機能性FDとも診断されました。薬で治まったり少しぶり返したりを繰り返しています。

さて、とても気になっているのですが、バレット食道は非びらん性でもなるのでしょうか?(非びらん性は直接的な食道の損傷がないと聴くので‥)

バレット食道になると、食道がんのリスクが上がるといいますが、この年でそれを抱えたくはないと心配しています。
バレット食道になると、どれほどの確率で食道がんになるのでしょうか?また、食道がんのうち、どれくらいの割合がバレット食道由来なのでしょうか?(今のところ日本人のエビデンスは少ないと聞くので、よければ欧米の方で)

そしてバレット食道の治療法は現在ないようですが、開発はされるのでしょうか?切除などすれば楽なのかなと素人考えで思ってしまいます。(島根大学の教授が書いてた記事では、焼き切るなどの方法が試験されているというのを見ました)

またもしバレット食道になった場合、どれくらいの頻度で胃カメラを受けるべきなのでしょうか?

質問ばかり申し訳ないです‥。よろしくお願いします。
Commented by 名無し at 2018-10-14 06:57 x
こんにちは。
バレットが5人に1人くらいのところのソースってありますか?気になって。
<< 白虎加人参湯 切ってくれという >>