がんの告知

食道癌と診断されて

癌ですよと伝える場合

昔は癌=死ぬ

だったのですが

今では食道癌はすい臓がんと違って
早期発見できれば十分治ることが
予想されるがんの仲間入りを果たしました。

がんと言っても、最も重要なのは
進行度

=ステージ
とも呼びますが

ステージが上がると治りにくい

どのステージで見つかったのか

が重要になり

そのステージによって、どれくらい治りそうか

がある程度予想がつきます。

ステージは0〜4まであり
若い方が早期 4は切除不能

数字の大きい方が使える治療法がだんだんと減ってくる

そもそもなんで0から4なのか。

0、1、2、3、4


1、2、3、4、5 じゃない。

なんで?

4って縁起が悪い数字だし

あなたはステージ4です

ってなんか気持ち悪い言い方な気がする。

日本らしく
4は死を想像させるから

0、1、2、3、5

とか

そういう配慮があっても、、、

世界には通用しませんけども。

「食道癌」と告知より

「あなたのステージは 何期です」の方が重要


悪い情報を伝えるのは
何年医者を経験していても
辛いですが

でも、正確に伝えないと「いいことばかり」では
先に進めません



















[PR]
by kenzaburou41 | 2018-10-12 01:15 | ひとり言 | Comments(0)
<< オリンパス エンドスコピーセミ... 遠隔転移のある食道癌 >>