UEGW2018

明日からオーストリア ウイーンで開かれている
UEGW2018に参加予定で

やり残した仕事をある程度やって

旅立とうと

頑張って見たものの

仕事がまだまだ山積みで。

1年ぶりの海外学会

前回のスイスはよかったなあ〜

今回のウイーンは実に3回目

10年ぶり

ビルロートさんの銅像の前に立って

ビルロートさんの胃切の標本を見て手を合わせるのが
外科医の一つの儀式

B1 BⅡのビルロート

食道癌の手術のルーツもそこにあって

わずか100年ちょっとで
ロボット外科医が、世にはばかるなんて

驚くような進歩だよなあ

色々勉強して吸収してこようっと









[PR]
by kenzaburou41 | 2018-10-21 23:15 | 学会奮闘記 | Comments(0)
<< バレット食道のAPC 正式に移動が決まる >>