人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ニボルマブ

学会で、ノーベル賞の薬、オプジーボ(ニボルマブ)
の話を聞いてまいった。

食道癌にはまだ保険適応が通ってないので
他の癌での検討

良く効いた、あるいは30%以上小さくなった奏効例に入ると

2年くらいは生存が見込める可能性がある、らしく。

使ってみてどういう効果が出るかによって
その後の予後が変わるようで。

「良く効いてます」
に入るかどうかが重要。

あまり期待しすぎるのも、、、。

いずれは食道癌にも使えるようになると思いますが

従来の抗がん剤とどういうふうに組み合わせるか

抗がん剤、抗がん剤、効かなくなったらオプジーボなのか、
先に抗がん剤、まんなかにオプジーボはさんで次に抗がん剤
あるいは最初からオプジーボなのか

これから先 臨床試験がくまれてその結果で
治療方針が大きく変わりそうで
情報収集、日々の勉強と。





by kenzaburou41 | 2018-11-04 00:59 | 新しい治療法 | Comments(1)
Commented at 2018-11-10 20:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 鎮静をめぐる諸問題 T1bN0食道癌 >>