人気ブログランキング |

超高齢者食道癌

高齢化社会

患者さんも85歳以上ってのがざらにいるようになって

もうすぐ95歳、大正生まれって人もいる

さてほっといても寿命がくるかもしれないし

「先生、ほっといたらどうなりますか?」

大腸ポリープならほっといてもすぐ問題にはならんやろうけど

食道癌、咽頭癌だと2年後、3年後はどうなってるか

う~ん、、

これがまた全周の食道表在癌だったり、下咽頭のPSPWPCにまたがる
広い病気だったりするとまた悩ましく。

取ってもいいけど狭くなったら
誤嚥しやしないか

何度も拡張に通ってもらうのも忍びないぜよ

食道がんというと進行癌でみつかって、手術してもすぐ命を
落とした時代

ではなくなって、

進行癌でもある程度予後が期待できる病気になって

いろんな治療法が開発されて

また新たに「どこまで、何歳まで治療するか」
なんて問題まででてきて。

う~ん、、、なやむ~











by kenzaburou41 | 2018-11-07 22:23 | 内視鏡治療 | Comments(0)
<< 気管食道学会70回 オプジーボ >>