人気ブログランキング |

放射線治療より内視鏡治療

お招き頂いた福岡。

そこでもケン三郎の経鼻内視鏡によるスクリーニングに早くから注目
されていた若い先生が九州医療センターにいらして。

その先生と、懇親会で福岡での経鼻内視鏡スクリーニング
導入秘話をお伺い。

「先生、よくおこし頂きました、ここまで来るのは大変だったんですよ」

ケン三郎が経鼻内視鏡検診をスタートしたのが2009年の10月

それからほどなくして学会、研究会で発表するに至り
とある学会会場でその観察法を目の当たりにして

「これだ!いかに俺たちはのどをよくみていないか、、、
食道癌の患者さんにはこれをやらなきゃ」と思ったんです。

でも、始めた当時は認知度も低く、看護師さんや若いスタッフからは
「あいつは何をやってるんだ、気持ち悪い」
と陰口をたたかれることも。

患者さんも鎮静剤で分からないようにして口からやる
のが当たり前の世界だったから

起きてもらって、鼻から入れて、あれやれ、これやれ言われる

のにも慣れてないからおそらく

あの先生の内視鏡は変な事をやらされる、他の先生に変えてほしい

っていわれることもあったことでしょう。

しかし、経鼻内視鏡が経口内視鏡と遜色ない画質で
スクリーニングが出来るようになった今日、

若手も看護師も理解をしめし、
またそれをすこしづつ取り入れるようになった。

理解者が増えてきた、そして見つかった早期癌を放射線治療ではなく
内視鏡治療で切除するという頭頚科とのコラボの普及。

数年前は「見つかったらどこの病院に行ったらいいんでしょう」だったのが

今では経鼻内視鏡での咽喉頭スクリーニングを当たり前に受けられ、
その地域で見つかった病気を声を取らずに治療できるという
システム作りに成功

ここまでそうとうご苦労があったとおもいます。

けど仲間が増えて
岡山から始まったケン三郎の経鼻内視鏡普及活動も
ようやくここまで来ましたか、という実感。

でもまだまだっ

次の一手を考えますよ~

これからこれから~




by kenzaburou41 | 2019-02-11 11:34 | 講演録 | Comments(0)
<< 食道異型上皮 福岡に経鼻Valsalva広がる >>