人気ブログランキング |

辛い検査から幸せになる検査

講演おわって懇親会

「いやあ、先生、私はあなたの先輩ですよ、おんとし88です、
今日の講演はすばらしかった」という
大先輩の先生がいらしてたり

「大学の後輩です、先生みたいな素晴らしい先輩がいたなんで
知りませんでした」
っていう後輩

「私は中山恒明先生の弟子です、千葉大2外科出身です、、
今日は懐かしい思いがよみがえりました」というやっぱり80代後半の先生が
いらしていたり

大腸AIで有名な若きホープの先生が顔を出していたり。

熱弁でまあ、反響もあったかなあと。

「先生、私は大腸が専門ですけど、今日の経鼻内視鏡はきれいでしたね衝撃を受けました。
先生は拡大内視鏡はやらないんですか、全例経鼻ですか?」

はい、全例経鼻です。

「つらくないすか経鼻?鎮静希望される人ばっかりでうちは経鼻倉庫に眠ってます」

いえいえ、もったいない、、

鎮静しないから、患者さんは辛いかもしれません

でも経鼻内視鏡でのどを診るときの三原則
「アイン、アッカンベ、アップップ」の長い横棒を一本たすと

辛 が 幸に 変わりますよ。(ゴルゴ松本パクリ)

みなさん、是非のどをみるなら 経鼻内視鏡をご活用下さい~

ぱちぱちぱち~~


もえつきたぜよ





by kenzaburou41 | 2019-07-11 18:29 | 講演録 | Comments(0)
<< APC後の経過観察 神奈川ESD研究会 >>