人気ブログランキング |

0-Ⅰp

バレットの深達度診断。

0-Ⅱ型はほぼほぼM癌で

昨日の勉強会でてきた0-ⅠpもM癌のことがおおく

0-Ⅰsのくびれのないごつごつしたものや
一部の0-Ⅱc
はSM癌の事が多く

最初から手術を勧めます

とはいっても深達度診断が難しいのと

ESDがいまは簡単にできるので、ESDで取ってみてあとまた考えるのも
ありでしょう

最初から手術しましたけど、実際浅かったです

というのはできれば避けたいですし

範囲診断はいくら拡大内視鏡、超拡大内視鏡、酢酸いろいろ
モダリティがありますものの、病理でも見解が分かれる

となると
正直お手上げでして

バレット粘膜ごとESDで全部取る
ありだとおもいます。









by kenzaburou41 | 2019-09-22 15:21 | バレット食道 | Comments(0)
<< 外科勧誘会 早期食道癌診断勉強会 >>