人気ブログランキング |

やっぱりいた!

ブデソニド内服による食道 ESD 後の狭窄予防冨永直之 1) 樋口 徹 1) 山口太輔 1) 宮原貢一 1) 緒方伸一 1)梶原哲郎 2)1) 佐賀県立病院好生館 消化器内科, 2) 同 放射線科要  旨食道の ESD 後の狭窄予防として,近年ではステロイド内服が使用されつつあるが,副作用の危惧から,糖尿病・ウイルス性肝炎などの患者は除外されている.ブデソニドはアンテドラッグステロイドで,局所での抗炎症反応効果が高く,全身作用が極めて低いとされているため,従来は除外されてきた症例の対象拡大が期待できる.内服であり,投薬も簡便である.今回われわれは,ブデソニドを用いて狭窄予防を試みた,食道 2/3 周以上剝離し た 5 例 について検討を行った.全周剝離症例に対しては効果不十分であるが,現在のところ 4/5 周までは狭窄予防できている.症例を重ね,今後も更なる検討を行う予定である.

すでに2013年に報告がありました、、、

全周はだめだって。

やっぱり一筋残す

「Tバック ESD」が大事なのよね~

だれか「Tバック食道ESDの有用性」って発表しないかな~


by kenzaburou41 | 2019-12-04 18:57 | 内視鏡治療 | Comments(0)
<< 内視鏡外科学会 好酸球性食道炎 >>