人気ブログランキング |

高齢者の食道がん

高齢者が今後増えてきて

標準治療はこうだけどちょっと体力なさそうだし
と手術をためらうケース

あるいは抗がん剤放射線治療をためらうケース

もうここまで生きたのだから、内視鏡治療だけはうけますってケース

いろいろ背景ことなります。

あきらかにSM2で転移ははっきりしたものはない
となれば

技術的には内視鏡でも切除が可能で

つい患者さんに内視鏡治療やりましょうと勧めたはいいものの

その後再発して切除不能、抗がん剤、放射線にいろいろ使って
結局のところは治らなかったというと

果たして最初に内視鏡治療を勧めてよかったものかと

後から後悔する

最初から治る治療を積極的に勧めていれば、、、


一方でこれは内視鏡だけじゃ治んないから
手術か放射線治療しなきゃだめですって勧めてたのに

いえいえお断りしますといって

5年も10年もたっても全く元気で食道癌克服、という方もいる

経過観察するほうはいつでてくるかいつでてくるかと不安にかられつつ

結果見るたびにホッとする

ひとたび転移が起きるとなかなかコントロールがつきにくいのが
食道癌の怖い所。












by kenzaburou41 | 2019-12-11 21:34 | 高齢者食道癌 | Comments(0)
<< 81回食道色素研究会 APC >>