人気ブログランキング |

食道癌探偵

俺は古畑ケン三郎

長年の食道がん患者さんのつきあいから

この人食道癌っぽい

っていう人を街中で検知できる能力をもつ。

週末の出没先はJRA水道橋 東京ドームの前の青いビルだ。

そこに集いしおっさんたち

朝から競馬新聞を読み、一レース一レースに一喜一憂する

きっとこの中に食道癌の患者さんがいるはず

と思ってケン三郎も馬券を買って椅子に座る

TVの前の青い椅子には俺のいすだとばかりに
競馬新聞が並べて置いてある

5つあるシートに1人しかすわってない

空いてるのに座れないから階段ですわりこむ。

階段で座り込みは辞めろとJRAはいうが

この椅子に座ってる人たちより、立ってTV画面みて熱中している
ひとがおおいのだ。

どの馬券をどういう風に買うか、、悩ましい。

おそるおそる、おっさんの隣に座ってみる

1レースごとに「ああ、、裏目だった、、」となげくおっさんたち

そんなおっさんをホッとけない性分。

ああ、なんで食道を専門にしたんだろう


気になって仕方がない


賢者は食道外科医を目指さない

大変なことが分かってるから

愚者は食道外科医を選び、何度でも挑戦し、何度も失敗する、

しかし1万回失敗したって1万1回目に成功するかもしれない

挑戦を辞めない人たち

だから食道外科医はやめらんねえ


by kenzaburou41 | 2020-01-12 20:07 | ひとり言 | Comments(0)
<< バレット食道癌の内視鏡治療 女性に多い >>