人気ブログランキング | 話題のタグを見る

菅野圭介さん

画家・菅野圭介は1909年の東京生まれ。幼い頃、父の故郷を旅した際、清流・北上川を見て感動。その美しさを描きたいと画家になることを決意した。京都帝国大学に進学する傍ら、ひらすら独学で絵を描いた。1935年、26歳でフランス・グルノーブルに渡る。そこで出会った画家ジュール・フランドランを生涯唯一の師と仰いだ。菅野の優れた色彩感覚は洋画の大家・児島善三郎が魔術と絶賛した。1963年、食道癌で他界した。


昨日の昼間、なんでも鑑定団みていたら

家のかたづけをしていて、見つけた絵がとても
有名な画家の絵ではないか?と鑑定団に持ってきた。

風景画でシンプルな色使い、構図、だいたんな筆づかい

鑑定結果は100万円!

書いた作家は

菅野圭介さんという画家で 食道癌で亡くなったと。

大変もてたらしく2度離婚して

再婚するたびに名前を変えたという。

なので名前をみるとどの時代に書いた絵なのかがわかるとか。

芸術家にも多い印象です。 







by kenzaburou41 | 2021-11-22 23:40 | 食道癌にかかった芸能人 | Comments(0)
<< 禁酒か節酒か アルコールと食道がんに関する啓... >>