人気ブログランキング | 話題のタグを見る

深達度診断はSM1

勉強会で症例の読影があたったとき

大概の症例は

m3〜sm2

の中から抽出され

まれにm2

ってのを持ってくる先生もいるけんど

まあ何か変化があるというとm3からですので

「m3/sm1 sm2も否定できない」

が一番当たりやすい

それずるくね?3つ言っちゃってんじゃん

っていわれるので

診断のプロとしては2段階外れるのは恥ずかしい。

つまりm3ですといってsm2でした、またはその逆

は避けたい

ですので「sm1」と診断すると外れの幅が狭くてまあまあ当たってるし
外れてもおしいっ!

ってことになる

ステージ1、つまり「転移のない食道SM癌」は

「ケモラジでも手術も選べる」時代になりつつありますけど

sm1とsm2を一緒にするな!
と思いますんで

深達度診断をこれからもしっかりやろう!

と思った今日このごろっす。







by kenzaburou41 | 2021-11-30 23:40 | ひとり言 | Comments(0)
<< 内視鏡外科学会始まる がんゲノム >>