人気ブログランキング | 話題のタグを見る

栄養指導を受けよう~

どの病院にも栄養士さんがいて

仕事内容は患者さんを栄養面で支えるエキスパート

術後の患者さんや化学療法後の患者さん
炎症性腸疾患の方や糖尿の方、さまざまな
病態にそれぞれ合わせたメニューを考えてくださる

手術直後はとてもとても、、まず一口恐る恐る食べて

だろうけども、退院して、さて術前とからだの造りも違うし

独身のおっさんがポーンと放り出されると
結構厳しい世界かも

家族がいてようやく試行錯誤なんだろうけども

女性の食道癌の方も最近は増えていて、いろんな
情報を聞き出したり、伝えたりという能力は長けている
食事にたいする工夫もきっと長けているであろう


術後3か月

6ヵ月

の節目で栄養指導を受ける事

これはかなりメリットがある気がして

でも医者の側から提案する事がまず少ない

「術後再発がないか」を一番に気にしているからであり

再発がないこと、の確認と次の検査予定を組むことがメインになってる

それがもちろん大事だけれども

体重が予想以上に減ってないか
栄養うまくとれているか、
誤嚥やダンピングはどうか
は同じくらい重要だ

「栄養指導を必ず3か月後、6か月後に組んでいます」

って病院は少ないんじゃないだろうか

患者さんから
「栄養指導を受けたいんですけど」

といえば医者は必ずオファーだしますし

栄養士さんも「栄養のために役に立つ」がお仕事です

つなぐ、つなげる

良い仕事

ビズリーチケン三郎です




by kenzaburou41 | 2023-04-30 22:07 | 臨床栄養 | Comments(0)
<< 公開セカンドオピニオン 栄養指導 >>