人気ブログランキング | 話題のタグを見る

頸部食道がん

頸部食道がんは放射線治療も良く効きますが

手術も胸腔をいじる手術ではないので
体の侵襲は比較的軽く

胃も残るので、遊離空腸がなじんでくれば
結構普通通りの生活ができるようになり

比較的手術ファーストで勧めております

声がのこせないんじゃ?と誤解されている
方もおりますが

「声をのこしてかつ癌をとってくる」
病気の高さと気管浸潤の有無にもよりますけども

んで
頸部食道に進行癌があって

中下部食道に表在がんがある

そういう場合は中下部食道表在癌はESD
頸部は手術

という作戦

これに下咽頭にも表在癌があると
下咽頭はESD/ELPS
つーオプションもあり

優先順位をどうつけるか❓

最も進行しているもの、が当然ですけど

もし中下部食道にMM・SM1を疑うようなものがあれば
先にそっちをESDして
という考えもあるか、、

頸部食道手術おわって、あとからとりに行って
結果MM ly+とかだったらまた悩ましいし

放射線治療のカードをどこで切るか? 

耐術能、年齢、ご希望、社会背景、
取り巻く環境はひとそれぞれ。

いろいろ考えながら作戦を練っております










































































by kenzaburou41 | 2023-07-18 22:51 | 放射線治療 | Comments(0)
<< APCは2度焼きで がん治療認定医 >>