人気ブログランキング | 話題のタグを見る

講義無事終わる

毎年この時期に社会人大学院生を相手の
食道癌の講義がありまして

1830-1950まで
なげー

食道癌の診断からステージに応じた治療、戦略など
いろいろ盛り込んでお話しました

1年前から大分進化して
切除不能には免疫チェックポイント阻害剤が最初から使えるようになったこと

術後の補助療法にも免疫チェックポイント阻害剤が使えるようになったこと
でもまだその検証が十分でないので
日本の癌専門施設をあつめて、術後なにもしないか、抗がん剤をするか、免疫チェックポイント阻害剤を使うかの
比較試験(JCOG2206)が今おこなれている真っ最中であること

手術ができない、希望されないかたも、抗がん剤と放射線、救済ESD 救済PDTなどの非手術治療
という選択肢もあるということ

患者さんの病状に合わせて手術の大きさもある程度調整しておこなえること

などなど

食道癌の診断と治療 
まだまだ課題がたくさん残ってます。

5年後には今の常識が 過去のものになるかも、、です。

技術の進歩に期待しましょう





by kenzaburou41 | 2023-10-05 21:39 | 講演録 | Comments(0)
<< FA 領域リンパ節 >>