人気ブログランキング | 話題のタグを見る

市民公開講座その2

管理栄養士さんから

栄養管理の意義

術後の合併症をへらすだけでなく
術前の抗がん剤治療、などを含め
全ての治療を達成するための基本が栄養管理

栄養士さんのイメージは??
献立をつくる?
それだけではありません

術前にBW測定、栄養状態、食習慣の確認と栄養療法

術後早期経腸栄養、術後の栄養指導、

初回、4か月、8か月、1年と栄養指導します

必要な栄養量
エネルギー25-30キロカロリー×体重
蛋白1-1.5g×体重
脂質 エネルギーの20%
炭水化物=総エネルギー カロリーの半分くらい

主食、主菜、副菜をバランスよく。果物、乳製品

術前から心配なパターン
酒飲むから主食たべない、一日2食、間食しない、おなかがすいたらたべる
好き嫌いがおおい、早食い、大食い、外食中心、こってりよりさっぱり
術後はいつから酒が飲めますかと聞く方

治療中、食事にこまる症状
味覚不全、口内炎、食欲不振、悪心嘔吐、、、いろいろある

口内炎に困る時など用の病院食の提案、補助栄養剤、
がん治療ちゅうの食事サポートブック

「がん研究振興財団」のHpからダウンロードできます。
無料でてにはいる

食生活は百人百様、困った時の栄養相談、治療は長期戦ですので
困る前から相談しておけば準備できる

「術前からつないでおこう栄養士
頼んでみよう先生に」

栄養士に相談しよう~!



by kenzaburou41 | 2023-10-29 10:39 | 日本食道学会広報委員 | Comments(0)
<< 市民公開講座その3 市民公開講座その1 >>