人気ブログランキング | 話題のタグを見る

病理検体のはりかた

日曜日はNTT関東の内視鏡技師 超イケメンの志賀先生に
およびいただき、内視鏡学会関東技師会の講師として
演台にたちまして

いつものネタですけど、お酒のみの方にまず経鼻内視鏡で
検査を受けていただいて
自分の現在の食道がきれいなのか、人並みのか、超危ないのか
を知っておく必要がある

ってお話をしてきまして

そのあと
大腸内視鏡のお腹の押し方
ヤンデル先生の病理検体の取り扱い
そして大圃先生のご講演とスペシャルな演目がつづき

演目って

もう芸です 巧の芸。
皆さんすごかったわー

ヤンデル先生の病理検体の扱い方

乾燥は敵

悪性リンパ腫を疑う検体以外はいそいで
ホルマリンにつけよう

厚い検体は割をいれないとホルマリンに固定されない

ESD検体はまず生食にひたしたガーゼに
粘膜面を下にして拡げる

その上から標本を貼り付ける板をあてがい、
そのままくるっとひっくり返して台の上におく。

表になったガーゼ面をそーっと愛護的に
はがしつつ、ピンで王冠状に拡げていく

王冠状というか国立競技場的というか

「ワ~」と歓声が聞こえるようにして完成

この話の流れがまた秀逸でして

完成と歓声をかけている

ととのってるよ ヤンデル先生

そしてこの会で初めてヤンデル先生とケン三郎のコラボ。

ひゃー、有難い機会を頂いて
幸せなひとときでございました。

切除標本に対する愛情半端ねえ。 ヤンデル先生すご。

臨床医は、それに耐えうる写真をとらねばだ。

切って、はい終わりじゃ、あか~ん。





by kenzaburou41 | 2023-11-21 22:08 | 講演録 | Comments(0)
<< 飲酒ガイドライン 依頼原稿 >>