人気ブログランキング | 話題のタグを見る

食道外科医

胃がんや大腸がんの手術などを行う消化器外科医のうち、1か月の時間外労働が80時間以上だったと答えた割合が16・7%に上ったことが、日本消化器外科学会の調査でわかった。年間に換算すると、4月から始まった「医師の働き方改革」の上限規制の一つである960時間を超えており、外科医の厳しい勤務実態が浮き彫りとなった。

 調査は昨年8~9月、65歳以下の会員1万5723人を対象に実施し、2932人(18・6%)から回答を得た。

 その結果、直近1か月の時間外労働は80~100時間未満が9・1%、100時間以上が7・6%となった。合計した16・7%が原則年960時間になった残業上限を超過する恐れがあり、何らかの対策を講じる必要性があるとみられる。

 当直明けに手術を行うかどうかを尋ねたところ、「いつも」が38・4%で最も多く、「しばしば」が34・7%に上り、合計で7割を超えた。このうち、当直が手術に与える影響については「まれに手術の質が低下する」が63・3%に達し、「疲労による医療事故の経験がある」と答えた人は3・5%だった。

 調査にあたった北里大の比企直樹・上部消化管外科学主任教授は「消化器外科医は過酷な仕事のイメージから年々減少しており、危機的な状況だ。労働環境を改善し、なり手を増やさないと、救える命が救えなくなる」と話している。


当直明け休みだなんて~

え、いいんですか? 休んで?

というのが昭和から来た医者。

食道外科医なりて募集中

ぽちっとな




by kenzaburou41 | 2024-04-07 09:34 | ひとり言 | Comments(0)
<< 小鬼 4時半から飲む >>